駒沢公園

 

概要

 

駒沢公園とは目黒区東が丘二丁目・八雲五丁目 にかかる公園です。公園内には複数の運動施設があり、最寄駅は東急田園都市線の駒沢大学駅となっています。

 

駒沢公園オリンピック記念塔

 

上の写真は駒沢公園オリンピック記念塔です。塔東の側の池にはオリンピック東京大会の際に使用された聖火台がそのまま残っています。

 

駒沢公園陸上競技場

上の写真は駒沢公園陸上競技場です。陸上競技場の前には、2haある自由広場が広がっています。この自由広場の大部分が自然石(花崗岩)を敷き詰めた石畳となっています。各種の大規模なイベントの会場となることも多く、テレビや雑誌などの撮影にもよく利用されています。

元々は東京ゴルフ倶楽部というゴルフコースであり、昭和天皇がイギリス王太子:エドワードと共にプレーしたところでもありました。1940年に行われるはずだった東京オリンピックのメイン会場になったが、中止となった経緯があります。

1953年にプロ野球東急(東映)フライヤーズの本拠地として、東京急行電鉄などが建設した駒澤野球場として開設されましたが、1964年の東京オリンピックの開催に伴うスポーツ公園の整備(当地はサブ会場としてサッカー、バレーボールなどを開いた)を行うため東京都に用地を返還し1962年から工事に取り掛かり、1964年に完成しました。

駒沢公園の近くには、東京オリンピックの際、バレーボールの練習場となった駒澤大学講堂兼体育館(6号館)や東京都選定歴史的建造物に選定されている駒澤大学耕雲館(禅文化歴史博物館)があります。

また、1964年東京五輪のバレーボール競技で、「東洋の魔女」と呼ばれた女子日本代表チームの金メダル獲得の舞台となった駒沢屋内球技場がありました。この駒沢屋内球技場は2014年7月から取り壊され、2017年7月に新しい屋内球技場が誕生しました。

駒沢公園屋内競技場|駒沢公園

 

2009年から毎年大広場が東京ラーメンショーの会場として使用されおり、その後、肉フェスやオクトーバーフェスト、フリーマーケットなど様々なイベントが大広場で開催されています。

こちらは駒沢公園のマップですが、あまりにも広いので、初めてきた人はその広さに戸惑ってしまいます。

駒沢公園のmap|駒沢公園

 

アクセス

 

駒沢公園から歩いて、だいたい10分くらいです。ただ、駒沢公園に行くとき、イベントが重なっていると、人数が多く、歩道が狭いので、なかなかはやく歩けませんので、余裕を持って行くことをおすすめします。

また、駒沢公園の入り口から体育館や球技場など、かなり距離があります。だから駒沢公園の中心である大広場までいこうとするならプラス10分くらいの余裕を見たほうがいいです。

こちらは、わかりやすい駒沢公園への行き方です。バスでも行けます。等々力駅、自由が丘駅、渋谷駅、恵比寿駅からたくさんのバスが出ていますので、大変便利です。

 

↓クリックすると、拡大します。

駒沢公園へのアクセス|駒沢公園

 

駒沢公園の見どころ

 

駒沢公園の見どころですが、最大の特徴は、広大な敷地の公園であるということです。公園自体が巨大なランニングコースとなっており、1周約2キロのジョギングのためのレーンさ整備されています。

また、サイクリングのレーンも整備されており、ランニングコースと並列するような形で設置されています。

それから、ドッグランもあります。駒沢公園では、ドッグランの開放地があり、自分の犬を大型犬、小型犬に分けて、開放できる場所があります。ただし、ここは最初に登録が必要なので注意が必要です。

また、大広場に出てみるとわかりますが、東京都内でこれほど空を見上げられるところはまずありません。気分がふさいだときや、ストレスがあるときに、ここにきて、空を見上げたら気分爽快、気持ちが晴れます。これは本当に私が以前から悩んだときや、ストレスがあるときなど、この場所にきて、この大広場で空を見上げると、気持ちがスカッとします。是非、おすすめです。

 

駒沢公園からのお知らせ

 

駒沢公園からのお知らせは以下のサイトで見ることができます。

更新日:

Copyright© 地元住民が教える!駒沢公園の歩き方、トリビア集 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.